使い勝手の良い子供服を選ぶポイントは?

使い勝手の良い子供服を選ぶポイントは?

子供服は選ぶ楽しさがありながら、成長に合わせてすぐにサイズアウトします。また汗によだれに泥にと様々な汚れに見舞われ、大人の品と違って注意すべきポイントが多いカテゴリです。 やはり重視すべきは機能性、着回し、洗いやすさの3点です。 年齢や性格にも依りますが、子供は活発に動き回ります。凝ったデザインは可愛らしいものの、得てして可動域に制限が出やすくなりがちです。肩周りや股関節周りの伸縮性や、脱ぎ着のしやすさといった機能性は重要でしょう。 着回しも子供服選びでは大切です。あまり柄が主張する服ばかりではコーディネートに難渋します。無地やワンポイント的なアクセントのデザインは着回しに長け、性別や年齢を問いにくいのでお下がりにも使いやすいのがメリットです。 お子さんは食事も食べこぼすことも多く、汚れは避けられません。洗濯機で洗える素材と形状を選んでおくと便利ですし、大人側の精神衛生上も良好です。あるいは汚れる前提でワンシーズン着潰すつもりで選ぶ、染め直しなどリメイクしやすい素材にするのも素敵です。

子供服を選ぶ際には必ず素材を確認しましょう

子供の成長はあっという間ですのでこの間購入したお洋服はすぐに着ることが出来なくなってしまいます。それで、あまり高価な洋服を購入するよりも丈夫で気安く長持ちするような子供服を選ぶことは大切です。加えて、どのような素材加藤店をチェックしましょう。ポリエステル生地は、丈夫で安いというメリットがありますがお肌のデリケートなお子さんは湿疹が出たりアトピーが悪化する場合がありますので注意すべきです。反対に、綿やガーゼなどはお肌に優しいですし乾きやすく汗を逃しますのでおすすめの素材です。子供服は店頭でも購入することが出来ますが、ちょっとおしゃれなデザインのものですと大人以上に高い価格がついていることがありますのでレジに持っていく場合にはまずは、値段を確認することが大切です。お店で気に入る子供服が見つからないという場合には、通販サイトがおすすめです。種類やデザインもたくさんありますのできっと気に入った子供服がみつかります。

子供服に関する情報サイト
子ども服まとめて解説!

子供服は大変デリケートな素材なので、洗濯後はしっかり乾かしてから、しわを伸ばして収納します。 湿気の多い場所は虫の被害に遭ったり、カビなどが発生する原因になるため、湿気の少ない場所に保管することが大事です。 子供の洋服は伸縮性に優れており、しわになりにくく腕や肩が動きやすい商品を選ぶと良いでしょう。 通気性や速乾性に優れた夏服、保温性が高く着脱がスムーズな衣類を選ぶことが大事です。 ボタンなどは付け外しがスムーズにできる商品をお勧めします。

Search